家庭用の脱毛機を使用する



家庭用の脱毛機を使用する

家庭用の脱毛機といえば、一昔前は芝刈り機のようなものが主流でした。ピンセットで一本ずつ抜く時間と手間が省け、とても便利でしたが、やはりお肌を非常に傷つけてしまうものでした。使いすぎて毛穴の炎症や色素沈着に悩んでしまった人も多いでしょう。依然としてそのような脱毛機もありますが、最近では光を使用した家庭用の脱毛機も出てきているのをご存知でしょうか?

光を使用した脱毛と言えば、脱毛サロンが想像付くでしょうが、それの簡易版と言ったところです。ハンディタイプのもので、むだ毛の気になる部分に光を照射すると、その光が直接毛根にダメージを与えて脱毛できる、というものです。ピンセットなどで抜くのと違うのは、毛穴周りの皮膚を全く傷つけずに済むことです。ピンセットで抜くときは、毛根が根を張っている皮膚までも引きちぎってしまいます。ちょうど、草を抜いたときに根が一緒に土をもってきてしまいますよね。それと同じようなイメージです。ということは、肌を傷つけてしまうということ。それに対して、家庭用の光脱毛機は、毛の生える力を直接奪うことで脱毛させます。よって、お肌はいっさい傷つきません。

この違いは、後々に大きく差が出てきます。その場限り、脇毛の処理ができていればいいかというと、そうではなく、その後のお肌のコンディションのことを考えると、一番おすすめの自己処理方法だと言えます。

関連記事

  1. ニードル脱毛でワキを処理するメリットは?
  2. ニードル脱毛が行える美容皮膚科を探す
  3. レーザー脱毛とどんな風に違うの?
  4. 美容皮膚科で行うニードル脱毛について
  5. 美容皮膚科のレーザー脱毛で得られるメリットって?
  6. レーザー脱毛のコストをチェック
  7. 脇の自己処理のメリットとは
  8. 除毛剤を使用する
  9. 電車のつり革をもったとき
  10. 水着になったとき