自己処理による3大トラブル



自己処理による3大トラブル

アンダーヘア脱毛を自分でこなしている方も大勢いらっしゃいますから、絶対に無理ということはありません。処理のしにくい場所ではありますが、背中の脱毛よりは対処しやすいかも知れません。
この部分の無駄毛に無頓着でいられないなら、既に何らかの実害を被っている筈です。下着や水着からはみ出してしまったり、蒸れて痒くなってしまったり湿疹が出てしまったり・・・。過密状態で臭いが気になる、なんてケースも珍しくありません。

ただし、こういったお悩みはアンダーヘア脱毛によって辛さを軽減させることはできますが、自分で処理してしまうと毛のトラブルは緩和されても肌の方に新たな被害が及ぶ恐れがあります。
見よう見まねでアンダーヘア脱毛を行った結果、見舞われやすい3大トラブルのうち勃発率ナンバー1は埋没毛です。
傷つけられた毛穴がくっついてしまい、伸びた体毛が行き場を失ってしまうトラブルですが、皮膚のすぐ下で黒々ととぐろを巻いた状態になる為、大変見苦しい黒いボツボツ状態に。

続いて色素沈着も自己処理派に多いトラブルの1つで、エステやクリニックのように皮膚への負担を考慮しない乱暴な処理、作業前後のお手入れ不足が原因となります。
また、毛抜きを使ったセルフアンダーヘア脱毛の結果、招きやすくなるのが毛嚢炎トラブルです。ダメージを負った毛穴は開きっぱなしになり、雑菌で汚れてかぶれやすくなります。膿が出たあげく、重症化すると跡が残ってしまう恐れもあります。

関連記事

  1. カミソリでアンダーヘア脱毛に挑戦!!